投資用マンションの購入について

投資用の物件は資産運用のために所持されている方も非常に多いと思います。がしかし、恐ろしいのは資産運用といいつつ大損する可能性も今の世の中結構あるということです。売買を繰り返して長く持つことを考えないようにしなければ損をしてしまう可能性が高いため、不動産投資は非常に難しい分野です。

不動産投資によるメリットはあるのか?

不動産の投資によるメリットとは何なのでしょうか?しかも、一般の会社員が出来る範囲での投資でメリットがあるとすればどんなことなのでしょうか。
下記に箇条書きでまとめてみました。
・会社員も節税をすることができる。
・ワンルームマンションの投資であれば少ない資金で大きな資産を形成できる可能性がある。
・年金制度に頼らない、老後の蓄えとなる。

これくらいでしょうか。
この税金が安くなるというのは意外にいいことかもしれません。たとえば、経費が認められない一般の会社員が
税金上で赤字にすることができるのでしょうか?会社員であれば厳しいことが多いです。ですが不動産を購入することによりローン等を申請して税金の控除を受けるなど少しでも減らすという方法もあるのです。リスクが伴うので要注意ではあります。節税できること強調した不動産投資マニュアル本を時折みかけますがそういったものを100%信じ込むのは出来れば避けたいものですね。

不動産投資の際に気を付けるべきこと。

不動産投資の成功体験は人を非常に魅了します。ただ、素晴らしい話ばかりが強調されて、実際のマンションの質等は語られないため要注意です。マンションを投資用に買って、たまたま少し高く売れてしまえばそれで成功体験となりますが、どこかでだれかが損をしている株取引と同じ場合もありますから生半可な知識では手を出さない方がいいでしょう。今では情報商材が沢山出回っています。不動産投資については特に多く出回っていますので要注意です。たとえばこういった見出しのメルマガや、サイトを見たことはありませんか?「3年で3億の資産を作った成功体験」、「誰でもなれる儲かる大家の法則」、「不動産を購入して節税しよう」こんな文句は山のように落ちていますね。これは成功している人もいますが、だれかが失敗することで誰かが儲かることが出来る仕組みになっているためです。全ての人が儲かる状況というのはなかなかないものですから、不動産の勉強を怠って情報商材を信用してしまうことだけは気を付けて頂きたいなと思います。不動産投資は誰もがうまく売却できるシステムではないのです。